就職難である現在、アルバイトやパートだけでなく、契約社員や派遣社員など様々な働き方を理解することが重要になってきます。

契約社員から正社員にもなれる!


■契約社員の5年ルール

2013年4月から施行される「改正労働契約法」によって

契約社員の立ち位置が大きく変化する兆しが見えてきました。 それは「5年ルール」というものです。 これは、契約社員のような勤務する期限が予め設定されている勤務形態の人が更新を繰り返して5年以上勤務し続けている場合「無期労働契約」へと転換することができるというもの。 もちろん、契約社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員なども適応されます。

契約社員のほとんどは1年契約になっていることが多く、1年に1度は契約更新を行っています。 このパターンでいえば、5回の契約更新を行えば無期労働契約に切り替わります。 ちなみにこの5年ルールが適応されるのは2013年の4月からですので、2018年4月の契約更新時に初めて無期労働契約を行うことができるようになると考えることができます。

契約社員という勤務形態を選ぶ人の半数以上は「正社員として働きたかったけれど採用されなかったのでやむを得ず契約社員という形で働いている」という人ばかりです。 そのように考えると、契約社員を5年間続けることによって正社員と変わらない扱いを受けることができるようになる、というのは非常に魅力的な法改正だといえるでしょう。 これでこれまでは契約更新のたびに「契約の打ち切りにあうのではないか」とビクビクしていたものが安心して勤続することができるようになるわけです。

スポンサードリンク


広告

●5年ルールの問題点について

このように、契約社員にとってありがたい5年ルールですが

企業側からすれば雇用の自由度が奪われてしまうために負担が大きくなってしまいます。 そのため、あえて5年目の契約を打ち切りにする企業も増えてくると考えられています。 しかし、このような心配のために「契約期待権」という権利があります。 つまり、5年も契約更新し続けているのだから次回以降も契約更新するものと期待してよいと判断された場合は雇い止めが向こうになるというものです。 そのため、企業側としては無期転換を受け入れるしかない場合があります。 ただし今後は5年ルール対策として「契約更新の最大年数は5年まで」と就業規則に明記する企業も出てくる可能性があるので、これから新しい職場で契約社員として勤務する場合は十分に注意しておきたいところです。 もしも就業規則にこのような明記があった場合は契約期待権を行使しても法律上は問題なく雇い止めをすることが出来てしまいます。
ジョブセンスリンク

契約社員の基本

契約社員のここが大事!

契約期間が終わると、解雇される可能性が高い
働きぶりが良ければ、正社員になれることも!
契約期間が終わる前に辞めることができる?

契約社員の本質

おすすめの転職サイト


    ジョブセンスリンク
    パソナキャリア
    ファッショーネ
    アパレル派遣なび
    年収
    IT転職