就職難である現在、アルバイトやパートだけでなく、契約社員や派遣社員など様々な働き方を理解することが重要になってきます。

契約社員から正社員にもなれる!


■契約社員でも副業をしても大丈夫?

正社員になると基本的に副業をすることはご法度。

そのため、契約社員であっても副業をしてはいけないのではないかと考える人が多いです。 しかし、契約社員は正社員と比較して給料を稼ぎにくく、どうしても普通に働いているだけでは思ったようにお金を稼ぐのが難しいというケースも珍しくありません。 そうなると、副業でも始めなくては生活を豊かにするのは難しいですし、老後の心配も募るばかりです。

実際に契約社員が副業をしても良いのか、という問題は「それぞれの会社によって異なる」としかいえません。 会社は設立する際に就業規則というものを役所に提出します。 この就業規則は会社員に関する様々なことを記している書類で、もちろん契約社員に関しても同様です。 つまり、この就業規則の中に「正社員および契約社員の副業は認めない」と記述されていると副業を行うことはできません。 もしも就業規則にこのような記述が無ければ問題なく副業をスタートさせることができるということになります。 ほとんどの会社では正社員と契約社員との間の給料格差の問題に悩まされているので、割と無条件で副業をスタートしても問題無いことも多いのですが、やはり一度は上の人に「副業を始めようと思っているんですが」と相談してみたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク


広告

●副業をする上で注意すること

労働時間にも色々なものがあります。

契約社員の人が副業を始める場合、注意しておきたい点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

・本業がおろそかにならないようにする
当然のことですが、副業は副業ですので本業がおろそかになるようなことが無いようにしなくてはなりません。 「副業の方が稼げるから……」というのは言い訳にしかなりませんので、その場合はいっそ契約社員を辞めて副業を本業に変えた方が会社に迷惑がかかりません。

・イメージの悪い副業は避ける
副業を選ぶときイメージの悪いものにしてしまうと契約社員の契約打ち切りに合う場合があるようです。 例えばねずみ講の講師をしたり、水仕事であったりとしたものはあまり良いイメージを与えません。 これが原因で契約を打ち切られてしまうと副業を本業にしなくてはならなくなります。

・税金の問題
副業で得た収入に税金が含まれない場合は自分で確定申告を行い、税金を支払わなくてはならなくなります。 ここで税金を納めなかった場合、脱税となってしまいますので注意が必要です。 そのため、税金に関する知識も多少必要になることを覚えておきましょう。
ジョブセンスリンク

契約社員の基本

契約社員のここが大事!

契約期間が終わると、解雇される可能性が高い
働きぶりが良ければ、正社員になれることも!
契約期間が終わる前に辞めることができる?

契約社員の本質

おすすめの転職サイト


    ジョブセンスリンク
    パソナキャリア
    ファッショーネ
    アパレル派遣なび
    年収
    IT転職