就職難である現在、アルバイトやパートだけでなく、契約社員や派遣社員など様々な働き方を理解することが重要になってきます。

契約社員から正社員にもなれる!


■契約社員のデメリット

契約社員のデメリットとして多く聞かれるものに

「安定した将来設計を手に入れるのが難しい」というものがあります。 人間生きていく上で安定した収入を得て、仕事を継続することができるかどうか、というのは重要な問題となります。 また、キャリアアップやステップアップの一環として契約社員を選択する人もいますが、契約社員として働いていけば実績を積むことができるのか、というのも難しい問題のひとつとなっています。 その他にもいくつかのデメリットがあるので紹介していきたいと思います。

●リストラの対象になりやすい

会社が不景気のあおりを受けてリストラに踏み切る場合、正社員よりも先に契約社員からリストラに合う傾向にあります。 契約社員は正社員と比較すると勤務時間や勤務形態を選ぶことができるので比較的自由度の高い勤務方式です。 しかし、それゆえに会社側からすると正社員と比べて使い勝手が悪い場合もあります。 それに、正社員よりも契約社員をリストラするほうが法的な手続きが簡単ですのでリストラの対象になりやすいというわけです。

スポンサードリンク


広告

●雇用の保証が無い

契約社員の場合

特定のプロジェクトを完遂するためだけに雇われる、というケースも考えられます。 つまり、そのプロジェクトが終了すればそのまま解雇、ということもありうるわけです。 そのため、自分自信のスキルが伴っていない場合はすぐに解雇されますし、たとえスキルが優れていたとしてもプロジェクトの終わりと共に解雇ということもありうるため、安定して仕事を続けるのが難しい場合があります。

●昇進や昇給が無いことも

正社員であれば、勤続年数や仕事の実績などにあわせて昇進や昇給などを望むことができます。 しかし、契約社員は昇進・昇給が無いことも珍しくありません。 あくまでも契約社員であり、職場での立ち位置は平社員以下、という扱いのところも少なからずあります。 また、昇給についても最初の契約時の金額のままで自分から申告しなければいつまでたっても初期報酬のまま、ということもありえますので自分から積極的に働きかけていく必要があります。

●トラブルが起こっても仲介する人がいない

派遣会社なら、派遣社員と勤務先の会社とでトラブルが起こった場合に派遣会社が間に入ってくれますが、契約社員の場合は間に入ってくれる仲介役の人がいません。 そのため、自分一人でトラブルの対処をしなくてはならず苦労する場合も考えられます。 また、契約の更新であったり、各種保険に関することなどについても自分で交渉する必要があります。
ジョブセンスリンク

契約社員の基本

契約社員のここが大事!

契約期間が終わると、解雇される可能性が高い
働きぶりが良ければ、正社員になれることも!
契約期間が終わる前に辞めることができる?

契約社員の本質

おすすめの転職サイト


    ジョブセンスリンク
    パソナキャリア
    ファッショーネ
    アパレル派遣なび
    年収
    IT転職